menu
close
loading...
tag list
share:
https://cdn.getshifter.co/8d15a0dc0de7bdd508cf3e250e75e33f68a81f6a/uploads/2021/09/22_hero-image-1-scaled.jpg
  1. top/
  2. Column/
  3. QOLが上がる!30歳からの歯磨き粉選び
Column

人生100年時代の先行投資

QOLが上がる!30歳からの歯磨き粉選び

author: 藤村 岳date: 2021/10/06

マスクが生活の一部となり、装着している時間が圧倒的に長くなった。その時に不快に感じるのは何といっても口臭ではないだろうか? 大人になるとデリケートすぎて近しい人でさえ注意してくれないこの厄介な現象。これを機会にオーラルケアを見直してみるのはいかが?

ついドラッグストアで安売りしていたからと何気なく選んでいた歯磨き粉。しかし、30歳を超えた大人ならきちんと目的に合ったものをチョイスしたいもの。一般的な歯磨き粉には、泡立ちをよくする発泡剤(界面活性剤)や歯の汚れを取る研磨剤などの他にフレーバーをよくするための人工甘味料などが配合されている。いつもなんとなく使ってきたが、それって本当に必要だろうか?

使い勝手がよくなる添加物。本当に必要?

筆者はなるべく添加物の多いものを使わないようにしている。コロナ禍の現在ではあまりないが、出張などでそういうものしか無い場合はあえて歯磨き粉なしで磨くこともあるほど。経皮吸収率が通常の皮膚よりも何倍も高い口腔粘膜。あまり余計なものを積極的に体内に取り込みたくはない。中には配合されているスクラブが歯と歯茎の間の歯周ポケットに詰まってしまい、これがゆすぐだけでは取れないなどという怖い事例もあるとか。このような成分名で検索をかけて専門家のブログなどを読んでみると、否定派の脅かしはなかなか強く訴えてくるものがある。

とはいえ、神経質になり過ぎるとそれもかえってストレスになってしまう。製パン業におけるイーストフードやマーガリンのようにその働きを無視して、一方的に毛嫌いして断罪してしまう風潮もどうかと思うが、先述した歯磨き粉の成分もまた似たような状況にある。

たしかに泡がたくさん出ると磨いている実感があり、そんな実感こそケアをするモチベーションにも繋がる。またサッカリンなどの人工甘味料や香料で甘く口当たりがよくなれば、子どもはすすんで歯磨きをするかもしれない。研磨剤で歯の汚れが落ちれば素直にうれしい。しかし、それが実は歯の表面を削ってしまいかえって虫歯リスクを高めてしまうことになるのかもしれない。

歯磨き粉でQOLを上げる⁉

自分が納得して使えば、たとえ安売りしている大量生産品であっても騒ぎ立てることはないのかもしれない。しかしせっかくならば体にいいとされるものを選びたくなるのが人情というもの。タイトルにも冠したように人生100年といわれるこの時代、口中が健康であるのとそうでないのとでは、QOL(Quality of Life=生活の質)が確実に異なってくるはず。

歯周病菌と認知症や内臓疾患の関係もずいぶんと解明され、オーラルケアはもはや全身の健康を司っていると言っても過言ではない。そんな時代、筆者が普段、本当に使っている歯磨き粉をピックアップしてみた。ひとつを使い続けるのではなく、数種類用意してその日の気分で選んでいる。それだけで目先が変わり、飽きが来ないものだ。読者諸賢にはオーラルケアも義務ではなく、心から楽しんでもらいたいと思う。

僕が愛用する5つの歯磨き粉

その1│ジョンマスターオーガニックのトゥースペーストCH

炭を配合したこちらは真っ黒なペースト。吸着力が高く虫歯の元となる汚れをしっかりと絡め取ってくれるとか。オーガニックのペパーミントで自然で爽やかな風味も心地いい。コスモスオーガニック認証取得。100g 1320円ジョンマスターオーガニック)

その2│ebs.のナチュラルドロップス 薬用歯磨きジェル

モデルや女優から支持の厚い歯科医師、口もと美容スペシャリスト石井さとこ先生がプロデュースした泡立たない歯磨きジェル。余計な発泡剤など不要なものは一切入れず、薬用成分の“ポリリン酸”を配合。プラスに帯電したステインや汚れをマイナス分子のポリリン酸で優しく除去する。歯石の沈着や歯周病、口臭予防にも◎。コスメキッチン限定販売。30ml 3300円(ebs.)

その3│エコストアのトゥースペースト<コンプリートケア>

ニュージーランドからやってきたホームケアブランドでシェアナンバー1というこちら。植物、ミネラル由来成分100%配合の上、フッ化物や人工甘味料などは含まれていない。比較的リーズナブルなので、家族で使っても続けやすいというのもうれしいポイントだ。100g 638円(エコストアジャパン)

その4│メイド オブ オーガ二クスのホワイトニング トゥースペースト

ホワイトニング用なのに研磨剤フリーというすごさ。そのメカニズムはエリシルクパウダーには多孔性があり、それで着色汚れを吸着してくれるから。東京農業大学の長島孝行教授との共同研究で実現した。しかも食品レベルのオーガニック認証取得しているというから安心度も高い。オーガニック成分の配合率は96.3%。100g 1760円(たかくら新産業)

その5│アベマショッピングのからだにやさしい歯磨き剤

歯のエナメル質に含まれるヒドロキシアパタイトをメインにし、発泡剤、研磨剤、防腐剤、フッ素の4つを含まない歯磨き剤がこちら。口腔内の菌のバランスを整えると言われる乳酸菌を配合しているのが特徴だ。40g 3685円(アベマショッピング)


藤村 岳

author
男性美容研究家
藤村 岳

編集者を経て独立。各種メディアへの出演、雑誌やウェブメディアへの執筆、講演、All Aboutではメンズコスメガイドを務める。またメンズ美容のコンサルタント、コスメプロデューサーとしても活躍。著書に『一流の男はなぜ爪を手入れするのか?』などがある。2021年よりDMMオンラインサロンにて「藤村岳の自分を整える身だしなみ講座」をスタート。