menu
close
loading...
Special特集
close
Tags
share:
  1. top/
  2. Review/
  3. 第2位:みずみずしさともちもち感がたまらない象印マホービン「炎舞炊き」
Review

石井和美の家電やりすぎ比較レビュー<炊飯ジャー>

第2位:みずみずしさともちもち感がたまらない象印マホービン「炎舞炊き」

author: 石井和美date: 2022/09/17

10万円を超える高級炊飯ジャーが売れている。各メーカーもフラッグシップモデルに力を入れており、それぞれ独自の方式で、最高においしいごはんを味わえるようになっている。今回は代表的な6社の高級炊飯ジャーを比較。炊きたてのごはんや玄米ごはん、冷凍ごはんなどを家電プロレビュアーの石井和美さんが試した。また、毎日使うものなので操作性や手入れのしやすさなども評価。食感などは好みが分かれるところなので、特徴をぜひ参考にしていただきたい。

「炊きたて」ではコシヒカリを通常モードで3合炊飯。炊きたてを試食する。

「保温」では、16時間保温したごはんをチェック。色や香りなどの変化を評価する。

「玄米」では、3合炊飯。玄米の炊きたてを試食する。玄米専用モードがある場合は専用モードを使う。

「冷凍ごはん」では、冷凍した200gのごはんを温めて試食する。

「操作性・お手入れ」では、操作のしやすさ、お手入れのしやすさをチェックする。

「独自機能」では、ほかにはない便利な機能をチェック。実用性が高いものは高評価。

従来モデルと比較し、さらに甘みと粘りが大幅にアップした最新モデル

Brand 象印マホービン
Item 炎舞炊きNW-FA10
price 11万6460円

spec
本体サイズ : (約)幅260 x 奥行330 x 高さ235mm
質量 : (約)8kg
最大消費電力 : 1240W
加熱方式 : 電磁誘導加熱方式、圧力

象印マホービン「炎舞炊きNW-FA10」の特徴

縦・横・斜めに激しい対流を生み出す独自の「3Dローテーション IH構造」 を採用。複雑で激しい対流を引き起こし、ふっくらとした粒感と甘みを引き出せる。料理やその日の気分に合わせて簡単に選べる15 通りの「炊き分けセレクト」メニューを搭載しており、「かたさ」3 段階(軟・標準・硬)・「粘り」5 段階(弱2・弱1・標準・強1・強2)を選択するだけで、料理やその日の気分に合わせて15通りの炊き分けができる。121 通りの「わが家炊き」メニューも引き続き搭載。また、「わが家炊き」メニューを使えば、季節や銘柄に関係なく、前回食べたごはん の「かたさ」や「粘り」の感想を画面に表示されるアンケートに記入するだけで、炊き方を調整し、炊くたびに好みの食感に進化。家庭ごとの好みの食感が見つかる人気の機能だ。

CHECK!「炊きたて」

弾力がすばらしく、もちもちしていて香りもよい。甘さも粘りも強く、甘いごはんで、冷めても美味しい。おにぎりなどにも向いている。

CHECK!「保温ごはん」

変色などはなかったが、みずみずしさが少しだけ失われてほろっとした食感に。16時間経過しているとは思えないほどの弾力をキープ。

CHECK!「玄米」

玄米ふつうコースでは62~72分だが、玄米熟成は40度で1時間浸してから炊飯するため、時間がさらにかかる。その代わり、やわらかく食べやすくなるが、もう少し弾力がほしい。

CHECK!「冷凍ごはん」

全体的にはみずみずしくツヤ感もあり、ふんわりとしていてやわらかい。香りもよい。ただ、ところどころでごはん同士がくっついて少しだけダマのような感じになっていた。

CHECK!「操作性、お手入れ」

シンプルで見やすい操作パネル。余計な情報や装飾がなく、スッキリしている。

内釜の重さは実測値で1117g。金属製だが、少々重いと感じた。お手入れはシンプルで、洗うパーツが少ないのは嬉しい。

CHECK!「独自機能」

「わが家炊き」「炊き分けセレクト」など、ユーザーに寄り添ったメニュー作りで、迷わず自分好みの炊き上がりに調整できる。

甘さと弾力が強く、冷めても美味しい
バランスのよいごはん

他社にはない独自の「3Dローテーション IH構造」を採用しており、お米のうまみを上手く引き出している。特にもちっとした弾力と甘さが際立っており、おかずがなくてもごはんの美味しさを堪能できるモデルだ。誰が食べても「美味しい」と納得できる味に仕上がっている。冷めてももちもち感を失わず、みずみずしいのでお弁当やおにぎりをよく作る人にもおすすめだ。

また、今回試した玄米メニューのほか、もち麦、雑穀米、金芽米など、健康米に関するメニューが豊富だ。白米だけでなく、さまざまな種類のごはんに対応しているので、失敗なく炊くことができる。

他社が銘柄に合わせた炊き方を行う「銘柄炊き」機能を搭載している中、「わが家炊き」「炊き分けセレクト」などのユーザーに合った炊き方の提案に力を入れている。これはとても合理的で、同じ銘柄でも季節によって変わる米の状態に合わせることができる。いつでも自分好みのかたさや粘りに合わせて簡単に調整できるのは便利だった。

お手入れはシンプル。ただ、内釜が少々重い。重くても割れる心配がないのでそこは安心して使えたが、やはり象印は使い勝手に力を入れているメーカーでもあるので、もう少し軽くしてほしいところ。内釜のフッ素加工が5年保証というのはうれしい。


author

家電プロレビュアー
石井和美

家電をレビューするため「家電ラボ」を開設、小物家電から冷蔵庫や洗濯機などの大型家電のテストも行っている。製品レビューや家電についての解説はWEB、雑誌、ラジオ、テレビなどで発信している。ライター、家電コメンテーター、家電コンサルタント。
contactcompany&staffadvertisingterm of useprivacy policy
Follow us!!
Copyright © Connect Beyond. All Rights Reserved.