menu
close
loading...
Special特集
close
Tags
share:
  1. top/
  2. Review/
  3. 第2位:多機能で使い方いろいろ! ドウシシャ「サーキレイター FCX-234D」
Review

石井和美の家電やりすぎ比較レビュー<サーキュレーター>

第2位:多機能で使い方いろいろ! ドウシシャ「サーキレイター FCX-234D」

author: 石井和美date: 2022/10/06

ここ数年はコロナ禍ということもあり、空気環境を整える家電に注目が集まっている。中でもサーキュレーターは空気を循環させ、部屋を効率よく換気できるため、使用する方が急増。特に今年は電気代が高騰しており、エアコンの冷暖房の効率を上げるために導入する方も多い。サーキュレーターを使うことで空気を循環させて室内の温度ムラをなくし、部屋全体を冷やせる。暖房運転の場合は設定温度を1℃下げることで約10%の省エネにつながると言われており、しっかりと部屋の空気が対流するタイプを選びたい。

そこで、今回は比較的コンパクトで置きやすい20~35畳前後用の製品をピックアップ。家電プロレビュアーの石井和美さんが、風の強さや使い勝手、お手入れのしやすさを含めて評価を行った。

・「風速」では、風速計を使用し、最弱と最大の風速を30cm離した場所で計測。

・「風の届きやすさ」では、1mごとに4本ろうそくを立てて、どこまで消えるかチェック(最大4m)。

・「操作性」では、風速計を使用し、最弱と最大の風速を30cm離した場所で計測。

・「音の大きさ」では、小型デジタル騒音計で最小と最大値を計測。数値が低い方を高評価とする。

・「お手入れ」では、ガードが外しやすさ、羽根のお手入れのしやすさをチェックする。

・「独自機能」では、ほかにはない便利な機能をチェック。実用性が高いものは高評価。

空気をかくはんしたり、涼んだり。いろいろ使いたいならコレ

Brand ドウシシャ
Item  サーキレイター FCX-234D
price  1万4670円(消費税込)

spec
本体サイズ(約) 幅330 x 奥行234 x 高さ400mm
質量(約) :3.3kg
消費電力 :30W(50/60Hz)
適用畳数 :~24畳
首振り角度 :○
風量調節 :14段階
リモコン :○

「サーキレイター FCX-234D」の特徴

常に清潔に使用できる様に開発されたサーキュレーター。ファン部の6つのパーツを工具なしで分解可能な構造により、いままでになく簡単にお手入れできる。空気の吸いこみ口であり、最も埃がたまりやすいのに取り外せず掃除がしづらかった後ガード部分を簡単に手入れできるため、常にきれいな空気を循環させられる。アロマケース・アロマフェルトが付属しており、好みのアロマで香りを楽しむことも。

CHECK!「風速」

風量調節は14段階。一番弱いモードでは計測不能のそよ風だった。最大では5.2m/s。低い風量では、人に風が当たっても不快ではなく、気にならない。

CHECK!「風の届きやすさ」

真ん中あたりのモードでは、1番目までろうそくが消えた。最大モードでは3番目まで消え、4番目のろうそくが残った。

CHECK!「操作性」

風量をつまみで調節するのは、同モデルだけ。14段階もあるので、ボタンであれは何度も押さなければならないが、つまみなので調整しやすい。

CHECK!「音の大きさ」

実測で35.7~66.7dB。ごく弱い風が出せるので、最小モードでは音が小さい。

CHECK!「お手入れ」

後ろのガードまですべて外せて本体以外は洗える。外したいと思ったときにサッとできるので、いつまでも気持ちよく使えそう。

CHECK!「独自機能」

アロマケースがあり、好みのアロマを入れることができる。風に乗って、やさしい香りが部屋十に広がる。

サーキュレーターとしての役割だけでなく
扇風機としても使いたいという方にぴったり

上下首振り、左右首振り、リズム/おやすみ風など、機能が豊富なサーキュレーターだ。風量も14段階。ごく弱い風なら肌に当たってもサーキュレーター独特に強い当たりがなく、心地よく風を浴びることができる。さらにリズム風といったモードもあり、扇風機に近い扇風機だ。弱い風から強い風まで、状況に合わせて使えるのは便利だ。

本体またはリモコンの操作をしてから約60秒経過すると、自動的に点灯・点滅しているランプが減光、消灯モードにしておけば点灯・点滅するランプを消灯させることも。寝室などで使用する際、あかりが気になる方もこれなら安心して使える。アロマケースがあるのもユニーク。色々な用途で使いたい方におすすめしたい製品だ。

なお、本体サイズが大きく、同じ24畳タイプと比較すると設置場所をとる。多機能なのでボタンやランプ類も多く、操作部分も広いので仕方ないが、度台部分が広いのでスペースに限りがある方は注意が必要だ。

お手入れは前ガード ・中ガード ・羽根取付用スピンナー・羽根 ・後ガード ・後ガード固定スピンナー ・フェルトカバーに分けて隅々までキレイにできる。部品を止めているロックなどがあり、少々複雑だったので迷うこともあった。部品は食器用中性洗剤(柑橘系を除く)などで洗えるので、細かい網の部分もピカピカになるから、清潔な状態を維持できそうだ。


author

家電プロレビュアー
石井和美

家電をレビューするため「家電ラボ」を開設、小物家電から冷蔵庫や洗濯機などの大型家電のテストも行っている。製品レビューや家電についての解説はWEB、雑誌、ラジオ、テレビなどで発信している。ライター、家電コメンテーター、家電コンサルタント。
contactcompany&staffadvertisingterm of useprivacy policy
Follow us!!
Copyright © Connect Beyond. All Rights Reserved.