menu
close
loading...
Special特集
close
Tags
share:
  1. top/
  2. Review/
  3. 第1位:洗濯物も素早く乾かせる山善「洗えるサーキュレーター YKAR-PDW151」
Review

石井和美の家電やりすぎ比較レビュー<サーキュレーター>

第1位:洗濯物も素早く乾かせる山善「洗えるサーキュレーター YKAR-PDW151」

author: 石井和美date: 2022/10/03

ここ数年はコロナ禍ということもあり、空気環境を整える家電に注目が集まっている。中でもサーキュレーターは空気を循環させ、部屋を効率よく換気できるため、使用する方が急増。特に今年は電気代が高騰しており、エアコンの冷暖房の効率を上げるために導入する方も多い。サーキュレーターを使うことで空気を循環させて室内の温度ムラをなくし、部屋全体を冷やせる。暖房運転の場合は設定温度を1℃下げることで約10%の省エネにつながると言われており、しっかりと部屋の空気が対流するタイプを選びたい。

そこで、今回は比較的コンパクトで置きやすい20~35畳前後用の製品をピックアップ。家電プロレビュアーの石井和美さんが、風の強さや使い勝手、お手入れのしやすさを含めて評価を行った。

・「風速」では、風速計を使用し、最弱と最大の風速を30cm離した場所で計測。

・「風の届きやすさ」では、1mごとに4本ろうそくを立てて、どこまで消えるかチェック(最大4m)。

・「操作性」では、風速計を使用し、最弱と最大の風速を30cm離した場所で計測。

・「音の大きさ」では、小型デジタル騒音計で最小と最大値を計測。数値が低い方を高評価とする。

・「お手入れ」では、ガードが外しやすさ、羽根のお手入れのしやすさをチェックする。

・「独自機能」では、ほかにはない便利な機能をチェック。実用性が高いものは高評価。

高機能でコンパクト、バランスのよいサーキュレーター

Brand 山善
Item  洗えるサーキュレーター YKAR-PDW151
price  1万2800円(編集部調べ)

spec
本体サイズ(約) 幅226 x 奥行218 x 高さ322mm
質量(約) :1.9kg
消費電力 :19W(50/60Hz)
適用畳数 :~24畳
首振り角度 :上下100°(手動含む)、左右75°
風量調節 :10段階
リモコン :×

パッと外せてサッと洗える「洗えるサーキュレーター YKAR-PDW151」の特徴

コンパクトなサーキュレーター。ガードも羽根もスピンナーも、工具不要で簡単に取り外せて本体以外は水で丸洗いできる。上下左右の首振りモード付き。「衣類乾燥モード」を搭載しているので、一定のサイクルで風量を変化させながら、上下左右広範囲に風を送ることができる。省エネかつ効率的に洗濯物を乾かし、乾きムラも抑えられる。台座にあるボタンですべての機能を使い分けられる。

CHECK!「風速」

扇風機として使うことも想定しているのか、1.3~6.1m/sと幅が広い。風量調節も10段階で分けられるので、部屋の大きさや場所に合わせて変えられる。

CHECK!「風の届きやすさ」

風量5では1本目(1m)までは消えたが、2本目(2m)は消えそうだが消えなかった。最大では2本目(2m)まで消え、3本目(3m)、4本目(4m)は消えなかった。

CHECK!「操作性」

高機能なため台座部分にボタンがたくさん並んでいる。すべてそこで操作できるが、最初は操作に迷ったことも。室温も表示されるのは、今回試した中では同モデルだけ。

CHECK!「音の大きさ」

実測で39.3~67.2dB。風量を1~2段階では静かだ。最大「10」では風速の実測値と比較すると少々音が大きいと感じる。

CHECK!「お手入れ」

ドライバーなどの工具を使うことなく後ろのガードや羽根まですべて外して洗うことができるが、ツメなどの小さい部品は少々外しにくいところもあった。ホコリがつきやすいサーキュレーターもこれなら安心だ。

CHECK!「独自機能」

風量調節が10段階もあり。室温もわかる。首振り、タイマー、衣類乾燥運転など充実。サーキュレーターとしてだけでなく、衣類を乾かすための補助として使いたい場合にも便利だ。

使い勝手がよく置き場所をとらない小さなサイズが魅力
扇風機や衣類乾燥の補助としても便利

置きっぱなしで使うものなので、大きいサイズでは使いにくいという方にぜひ選択肢に入れてほしいサーキュレーターだ。コンパクトだが高機能で、部屋の空気を循環はもちろん、衣類乾燥の補助としても使用できる。風速の実測値は高いものの、羽根が小さいぶん高い数値が出たのは狭い範囲だった。それでも風量を5以上に上げれば部屋の空気をスピーディに循環することができる。

ドライバーなどを使わず、後ろガードや羽根まですべて外せるのはうれしい。サーキュレーターは空気を吸い込むため、どうしても特に後ろ側にホコリなどが溜まりやすいが、これならいつでもキレイな状態で使える。ただ、分解するときは外すツメなどの部品が薄いので、割れないか不安だった。最初は説明書を見ながら、丁寧に扱うよう注意していただきたい。

上下左右首振り機能については、部屋干しや涼むために使うのであれば便利だ。サーキュレーターとしては部屋の空気を循環するであれば、一方に向けて固定し、強めの風でしっかり空気を循環させることが大事だ。首を振ってしまうと途中で気流が途絶えてしまうので、サーキュレーターとしては使わなくてもよい機能ではあるものの、部屋干しの補助として使う方も多いので、そういった方にはあると便利な機能だろう。


author

家電プロレビュアー
石井和美

家電をレビューするため「家電ラボ」を開設、小物家電から冷蔵庫や洗濯機などの大型家電のテストも行っている。製品レビューや家電についての解説はWEB、雑誌、ラジオ、テレビなどで発信している。ライター、家電コメンテーター、家電コンサルタント。
contactcompany&staffadvertisingterm of useprivacy policy
Follow us!!
Copyright © Connect Beyond. All Rights Reserved.