menu
close
loading...
Special特集
close
Tags
share:
  1. top/
  2. Review/
  3. 第4位:壁際にも強いパナソニック「POWER CORDLESS」
Review

石井和美の家電やりすぎ比較レビュー<スティッククリーナー>

第4位:壁際にも強いパナソニック「POWER CORDLESS」

author: 石井和美date: 2021/06/02

モーターやバッテリーの性能が向上したことで、コンパクトで吸引力が高いクリーナーが続々登場している。そこで家電プロレビュアーとして活躍する石井和美さんが、メインのクリーナーとしても使える、吸引力がパワフルな5社のコードレスクリーナーを比較テストした。フローリングやカーペットに擬似ゴミをまいて吸引したほか、取り回しやすさを重視する方も増えているので、使い勝手やメンテナンス性などもしっかりチェック。特徴はそれぞれ異なるので、家庭に合ったクリーナーを選んでほしい。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: part-A-1024x42.png

「フローリング」では重曹とペットのトイレ砂をまいて、隅まできちんととれているかどうかを評価

「カーペット」では、毛足の短いカーペットに重曹とペットのトイレ砂をまいて、少し表面を叩いて重曹をカーペットに馴染ませてから吸引を行った

「狭い場所の掃除しやすさ」では、ソファの下や椅子の脚まわりなどを実際に掃除してみて、ヘッドまわりが動かしやすいかどうか試した

「操作性」では、ボタンなどの使いやすさ、持ちやすさなどを評価。「充電のしやすさ」では、手軽に充電できるかどうかを確認

「ゴミの捨てやすさ」はダストボックスのゴミが捨てやすいかどうか、フィルターが詰まりやすいのかどうかをチェック


カーペットのゴミも得意!
本格サイクロンで吸引力も落ちず

brand パナソニック

Item POWER CORDLESS MC-SB51J

price 5万5000円前後(市場想定価格)

  • 本体質量:1.6kg
  • 充電時間:3.5時間
  • 本体寸法:高さ220×奥行き182×幅1106mm
  • 集じん容量:0.15L
  • 最長連続運転時間:HIGH約6分、AUTO約10~22分/約30分(付属ノズル使用時)
  • 付属品:ふとん清潔ノズル, ブラシ付きすき間ノズル

 ヘッドは壁ぎわのゴミまでスッキリ吸い込む「壁ぎわ集じん」搭載のパワーノズルを採用している。ノズルの前方が薄いため、ブラシが壁ぎわまで届き、壁の隅に溜まっているゴミはほぼ取りきることができた。独自のV字ブラシで吸引力の強い中央にゴミを集める機構だが、フローリングでは中央よりも若干外側に重曹が残る傾向にあり、ムラがあった。カーペットは全体的にゴミが取れている。

ヘッドの可動域は少し狭く、他社と比較すると動かしにくさを感じるところもあった。また、ソファの下などでは軽量モデルはそのままスッと奥まで届くタイプが多かったのだが、同モデルは本体部分を横に倒さなければ届かない。せっかく約1.6kgと軽く、持ちやすいクリーナーなので、もう少し動かしやすい機構に改良していただけると嬉しい。

 約20μmのハウスダストまで検知する「クリーンセンサー」は、見えないゴミまできちんと反応する。目で見てゴミはなさそうと判断している部分でも光っているので気を付けて掃除するようになり、部屋全体をしっかり掃除できるようになった。ゴミ捨ては簡単だが、ホコリなどの微細な粉塵を多く吸い込むと、フィルターが詰まりやすく、吸引力が落ちる。ゴミを捨てる際は、フィルター部分も確認し、付属のブラシ等でお手入れをしておくと吸引力は落ちないまま使用できる。

 やさしい色味のベージュはどんな部屋にも馴染む。主張が強い、カラフルな色合いが苦手な方におすすめだ。

ヘッド部分の特徴

小型ながら、最適な回転数でハイパワーを実現する「小型モーター」を搭載。パワフルな吸引力と、本体質量1.6 kg(スティック時)の軽量ボディを両立したモデル。目に見えない約20μmのハウスダストまで検知する「クリーンセンサー」を搭載している。検知するとランプが赤く光り、キレイになると消灯するので、取り残しなくしっかり掃除ができる。ゴミを検知すると、自動で吸引パワーを上げるので、細かなゴミもしっかり吸い取る。

フローリング

ペットのトイレ砂はほぼ取れていたが、重曹の残りが多い。ヘッドが軽いので大きなゴミがあると乗り上げてしまい、すき間ができているようだ。

カーペット

ブラシが当たっている部分はほぼキレイになっているように見えるが、場所によっては少しだけカーペットの奥に入った重曹がまだらに残っていた。

狭い場所の掃除しやすさ

ヘッドが小さく軽いので、狭い場所も得意。ソファの下は本体を倒すことで奥まで届く。軽量タイプは倒さず入るものも多いので、改善してほしい。

操作性

ゴミセンサーのランプがわかりやすい。バッテリー残量が少なくなると光る。本体質量は1.6kgと軽量なので女性でも持ちやすく、手軽に掃除できる。

充電のしやすさ

スタンドや充電台がなく、立てかけた状態でプラグを差し込む。「壁ピタゴム」が付いており倒れにくくなっているものの、やはりスタンドは欲しい。

ゴミの捨てやすさ

大きなゴミはスッと落ちるが、中に微細なゴミが残りやすい。また、フィルター部分にも粉が詰まりやすく、付属のブラシでこまめな掃除が必要。

本体の裏には、「壁ピタゴム」が付いており、壁にピタッとフィットして倒れにくくなっている。他社製品にもこのようなゴムは付いているが、同製品が一番倒れにくく、掃除途中で立てかけたいときも便利だった。立てかけて充電する時にも役立つ。ただ、やはりぶつかったりすると倒れやすいので、充電時はスタンドが欲しい。付属品はふとん用のノズル、ブラシ付きすき間ノズルのみ。ブラシ付きすき間ノズルはすき間や車などの掃除にも便利だ。本体が軽量で手元も軽いため、棚なども掃除しやすい。持ち方によって持つ場所を変え、角度を変えられるのも便利だ。床だけでなく部屋を立体的に掃除したい方は使いやすいクリーナーだ。

author's articles
author's articles

author

家電プロレビュアー
石井和美

家電をレビューするため「家電ラボ」を開設、小物家電から冷蔵庫や洗濯機などの大型家電のテストも行っている。製品レビューや家電についての解説はWEB、雑誌、ラジオ、テレビなどで発信している。ライター、家電コメンテーター、家電コンサルタント。
contactcompany&staffadvertisingterm of useprivacy policy
Follow us!!
Copyright © Connect Beyond. All Rights Reserved.