menu
close
loading...
Special特集
close
Tags
share:
  1. top/
  2. Review/
  3. ソニーのポケットクーラー「レオンポケット3」で残暑を乗り切る方法
Review

猛暑の中で涼しさを独り占め!

ソニーのポケットクーラー「レオンポケット3」で残暑を乗り切る方法

author: 山本 敦date: 2022/08/13

ソニーといえば、日本が世界に誇るオーディオビジュアルのブランドですよね。おそらく多くの人が私と認識を共有してもらえると思います。実はソニーがパーソナルサイズの「ポケットクーラー」をつくっていることはご存じでしょうか。日本の夏は年を追うごとに厳しさを増していますが、ソニーの「REON POCKET(レオンポケット)」でスマートに、かつ軽やかに夏の暑さを乗り切るテクニックを教えます。

首もとに身に着けて体を冷やす

レオンポケットは専用のシャツやネックバンドを使って“着る”ウェアラブルデバイスです。今年発売された第3世代の「レオンポケット3」が現在の最新モデルです。

パソコンのマウスに近いサイズの本体には、ペルチェ素子という電圧を加えると発熱/吸熱(冷却)する部品が組み込まれています。この冷えたり、暖まったりする部品の近くに配置したステンレス製のパネルを首もとに接触させて冷温(REON)感を得るという仕組みです。

首元にセットして使用。本体の質量は約92gです

「首だけ冷やしたって効果はたかが知れてる」と思われるかもしれません。私も最初はそう思いました。ところが、首もとにある太い血管やリンパ節を冷やすと全身を効率よくクールダウンする効果が得られるのです。実際にレオンポケットを装着していると、暑い場所にいても「オレだけがクールなバリアで守られているみたい」な優越感に浸れます。

この時期はドラッグストアの店頭にも、夏を涼しく過ごすための様々な冷感グッズがあります。大半のアイテムは使い捨てだったり、しばらく使うと冷感効果がへたってきます。ソニーのレオンポケットは本体に内蔵するバッテリーで、フル充電の状態から約2時間以上涼むことができます。もちろんバッテリーをチャージすれば繰り返し使えますし、寒い冬にはポケットカイロとしても活躍するオールシーズンアイテムです。税込価格は14,850円。ひと夏使うだけでもガッチリ元は取れそうです。

スマホによる設定は最小限。操作がますます簡単になった

今年発売された3代目・レオンポケットは新しいペルチェ素子を搭載し、合わせてソフトウェアに改良の手を加えたことで冷却パワーが強化され、駆動時間も長く伸ばしています。

本体の設定操作はiOSとAndroidの両方に対応するモバイルアプリ「REON POCKET」から行います。以前のモデルまでは1~4まで、1段階刻みで冷温感の設定をマニュアルで切り換える操作がキホンでした。最新モデルには冷感モードの新しい追加機能として「SMART COOL MODE」があります。

新しく搭載された「SMART COOL MODE」。ユーザーが設定した心地よく感じる冷感に、デバイスが常時自動調節してくれる便利な機能です。

このSMART COOL MODEは、レオンポケットが内蔵するセンサーを使ってユーザーの肌の表面温度や、衣服の中の温度を検知しながら、冷却状態をベストなコンディションにキープする賢い機能です。ユーザーが5段階から好みの温度設定を選んだら、その前後の温度を行き来したり、時々冷却を止めたりもします。冷却動作が一定温度のまま続いてしまうと、冷たさを感じにくくなるのを防ぐためです。

もうひとつ、3代目から追加された「AUTO START/STOP」機能もすごく便利です。本体のボタンを操作することなくレオンポケットを着脱するだけで電源のオン/オフに連動します。レオンポケットを気軽に使いたくなるモチベーションが高まります。取り外した本体を机の上などに置いておけば自動で停止するので、内蔵バッテリーの浪費も防げます。

本体に内蔵する数々のセンサーがユーザーの肌温度や行動を把握。レオンポケットを外している時に、自動で電源をオフにしてくれる「AUTO START/STOP」もとても便利です。

レオンポケットのおすすめな使い方と注意点

夏の暑い日には、レオンポケットがポケットクーラーとして1日中活躍してくれます。USBケーブルによる給電もできるので、ノートPCやモバイルバッテリーに接続しながら使えば、外回りの多いビジネスパーソンもバッテリー切れを心配することなくガンガン使えます。

レオンポケットを正しく身に着けて良好な冷温感が得られるように、ソニーからは公式の「レオンポケット専用ビジネスシャツ」も発売されています。ただ、本製品はメンズの長袖オンリーなので、女性のユーザーでも、あるいはどんな服装でもレオンポケットが使える「専用ネックバンド」をアクセサリーとして購入することをおすすめします。

レオンポケット専用のネックバンドも発売中。USB給電機能と合わせて、普段着の装いのまま室内でも快適な冷感を得るために最適な組み合わせです。

私は自宅で仕事をする時間にもよくレオンポケットを使っています。レオンポケットで涼を取りながら過ごせば、気温が上がる昼間もエアコンの設定温度を高めにしたり、まめにエアコンを止めて節電にも貢献できるからです。一緒に暮らす家族のぶんもレオンポケットを揃えねば。

レオンポケットの本体は防水・防汗対応ではないため、汗や雨に長い時間さらされる場所での使用は避ける必要があります。ソニーはウォーキングやゴルフなど、汗を拭きながら楽しめるスポーツとレオンポケットの相性は良いと説明しています。

また真夏の炎天下に、長時間に渡って屋外で過ごす時の熱中症対策としてレオンポケットに頼ることは推奨されていません。水分補給や服装を調整したり、なるべく日陰を見つけて待避するなど屋外では無理を避けて過ごすべきです。一方では気温が高い日に水分補給を忘れてしまうと、室内でも熱中症になる場合があると言われています。一緒に暮らす高齢の家族の健康を守るスマートデバイスとしても、レオンポケットは頼もしいパートナーになってくれそうです。


author

スマートエレクトロニクス・ライター
山本 敦

オーディオ・ビジュアル専門誌のWeb編集・記者職を経てフリーに。取材対象はオーディオ・ビジュアルからIoT、ウェアラブルまでスマートエレクトロニクスを幅広くカバー。ヘッドホン・イヤホンは毎年300を超える新製品に体当たり中。国内・海外スタートアップの製品やサービスを多く取材、開発者の声を聞くインタビューなどもしています。
contactcompany&staffadvertisingterm of useprivacy policy
Follow us!!
Copyright © Connect Beyond. All Rights Reserved.