menu
close
loading...
Special特集
close
Tags
share:
  1. top/
  2. Review/
  3. ソニーのレガシーを全部乗せ。感性を刺激するプレミアムスマホ
Review

ぶっちぎりのエンタメ性能

ソニーのレガシーを全部乗せ。感性を刺激するプレミアムスマホ

author: 山本 敦date: 2022/07/24

スマホは親しい人たちとつながったり、ビジネスシーンにも欠かせないコミュニケーションツールです。同時に、高機能なカメラや動画・音楽の視聴機能を持つスマホはクリエイティブな時間、あるいはリラックスタイムを共に過ごすパートナーとしても手放せません。スマホの「エンターテインメント性能」に注目すると、本当はその実力にかなりの差もあることが見えてきます。

αにブラビア、ウォークマン〜ソニーのレガシー全部乗せ

ソニーのXperia 1 IV(エクスペリア ワン マークフォー)は、スマホで楽しむエンターテインメントのすべてに「プロの品質」を追求しています。

カメラにはデジタル一眼「α(アルファ)」の開発により培った高品位な写真撮影技術を搭載。超広角・広角、そして85ミリから125ミリをカバーする光学ズーム機能を積み、カメラのレンズを交換するような感覚でそれぞれの画角を活かした静止画・動画撮影が楽しめます。他社のプレミアムクラスのスマホと比べてみても、ノイズのない透明な空気のカタチまでも捉えてしまいそうなカメラをXperia 1 IVは搭載しています。

デジタル一眼カメラ「α」のテクノロジーを受け継ぐトリプルレンズカメラ。画質に定評のあるZEISSレンズを搭載しています。
片手持ちでも心地よく手のひらに収まり快適に操作できます。

写真や動画は、ソニーの4Kテレビ「BRAVIA(ブラビア)」のチームが築いてきた高画質化技術を投入する4K/HDR対応の有機ELディスプレイに映して、Xperiaでシャッターを切った瞬間を何度も追体験できます。ライバルのiPhone 13 ProシリーズもHDR対応のディスプレイやカメラを搭載していますが、4K/HDR高画質のプレミアム体験を追求できるスマホはXperia 1 IVのほかにありません。

4K/HDR/120Hz表示に対応する有機ELディスプレイ。アスペクト比が21対9というワイドディスプレイ仕様なので、映画館のような没入体験が味わえます。

Xperiaこそが「ハイレゾスマホ」の真打ち

そして極めつけがオーディオです。Xperia 1 IVはソニーの「ウォークマン」やスピーカーの名機にも搭載されている高音質化技術を満載するスマホです。CDを超えるハイレゾリューションオーディオの音楽再生は、3.5ミリヘッドホンジャックから劣化なく出力。独自のBluetoothオーディオ技術であるLDAC(エルダック)に対応するヘッドホンやイヤホンを組み合わせると、ワイヤレス環境でハイレゾが楽しめます。組み合わせるヘッドホン・イヤホンの魅力を、無線・有線を問わず引き出します。

3.5ミリヘッドホンジャックを搭載。真のハイレゾリューションオーディオ再生が楽しめるスマホです。

内蔵スピーカーによるサウンドもまた、ドルビーアトモス形式で音声を収録する映画作品とベストマッチします。360度周囲に音が広がり、効果音が背後から回り込んでくるような迫力と切れ味はXperia 1 IVならでの体験。手のひらサイズのスマホから映画館の臨場感が蘇ります。

最新機種のXperia 1 IVには「Music Pro」という、ボーカルやギターの録音に最適化したプロ品質の録音アプリも新しく搭載されました。音楽クリエイターは要チェックです。

この次にスマホを買い換える時には、プロのクリエイターも愛用するというソニーXperiaのプレミアムシリーズもゆっくりと品定めすることをおすすめします。


author

スマートエレクトロニクス・ライター
山本 敦

オーディオ・ビジュアル専門誌のWeb編集・記者職を経てフリーに。取材対象はオーディオ・ビジュアルからIoT、ウェアラブルまでスマートエレクトロニクスを幅広くカバー。ヘッドホン・イヤホンは毎年300を超える新製品に体当たり中。国内・海外スタートアップの製品やサービスを多く取材、開発者の声を聞くインタビューなどもしています。
contactcompany&staffadvertisingterm of useprivacy policy
Follow us!!
Copyright © Connect Beyond. All Rights Reserved.