menu
close
loading...
Special特集
close
Tags
https://d22ci7zvokjsqt.cloudfront.net/wp-content/uploads/2022/03/234-hero-image-EDIT.jpg
  1. top/
  2. Review/
  3. レイアウトフリーテレビは子育て世代にも役立つテレビ
PR

ママになった家電女優・奈津子が断言

レイアウトフリーテレビは子育て世代にも役立つテレビ

author: 伊森ちづるdate: 2022/03/11

家電に関する豊富な知識と親しみやすい語り口で、多方面で活躍中の家電女優の奈津子さん。家事、育児、仕事で忙しいながらも充実した日々を過ごしています。そんな奈津子さんにとってパナソニックの「レイアウトフリーテレビ」は頼もしいアイテム。「子育て世代にオススメしたいテレビ」と断言するレイアウトフリーテレビの魅力を、奈津子さんに聞きました。

ママになってさらに仕事が充実

女優デビュー後、SDN48で歌手としても活動。劇場がある秋葉原で家電を好きになった奈津子さんは、家電量販店の販売員が持つことが多い資格「家電アドバイザー GOLD等級」を取得。以降、家電女優として活躍中です。

昨年5月に第一子"えいちゃん"を出産し、現在3人暮らし。朝、夫を送り出した後は子どもと2人の時間。家事を済ませたあと、公園で思いっきり遊ばせます。ランチ後、えいちゃんがお昼寝している間に原稿執筆。夜7時ごろ夫が帰宅すると、食事、お風呂、寝かしつけと続きます。夜泣きがあるので夜間2、3回起きることも。

もちろん、女優として自分のアップデートも欠かしません。えいちゃんが寝ている間は、自分の時間。美容タイムやドラマ視聴など感性を磨き、明日に備えます。

4K画質で動画再生。インテリアの一部に

部屋の置き場所にとらわれず自由に使えることから名付けられたパナソニックの「レイアウトフリーテレビ」。一般的にテレビといえば、部屋の壁に埋め込まれたテレビアンテナ端子に接続して使うため、どうしても置き場所や置き方に制約がありました。しかしレイアウトフリーテレビは、モニターとチューナー部を分離して無線伝送することにより、チューナ部さえアンテナ線に接続すれば、モニターは自由に移動できるというわけです。

チューナー部とモニターは、ワイヤレスにつながるので、離れた場所に移動しても大丈夫。チューナー部分には容量2TBのHDDを備え、たっぷり録画できます。モニターは43v型の4K液晶ディスプレイで、美しい画質が魅力。「テレビだけでなく家族の写真や好きな動画を再生できるのも楽しいです。インテリアの一部として世界遺産の動画を流し、旅行気分を味わっています」と奈津子さんは話します。

インテリアのノイズにならないデザインも魅力

リビングの主役と言われていたテレビ。しかし黒くメカメカしいデザインが、自分たちの理想とする部屋づくりに合わないと感じる人もいたのではないでしょうか。レイアウトフリーテレビは、そんなイメージを払拭。理想の部屋作りの中で、インテリアに溶け込むテレビです。

「ベゼルもスタイリッシュ。和洋中、モダン、シック、シンプルといった様々なインテリアスタイルに合いますね。白だからほかのカラーとも相性がいいです。近未来っぽいデザインも気に入っています」と奈津子さんから高評価。

さらに「子供がいるとどうしても床に置くものが多く、動線がギリギリになりがちです。でも、レイアウトフリーテレビは、アンテナ端子の場所を気にせず置く位置を決められるので動きやすさ重視でインテリアを整えられます」と、ママらしい意見も。

レシピのチェックや子供の見守りにも

43v型という大きさは、家族と観るのに丁度良いと奈津子さん。「画面が大きいので没入感がありますね。家族でよく写真を見ますが、大きく映すと表情がよく見えて話が盛り上がります。えいちゃんはまだ小さいので、目への負担も気になります。スマホやタブレットに比べ、画面と一定の距離を保てるのはうれしいですね」と話します。

さらに、家事の間のサポートしても役立つとか。無線LANに接続して本体に内蔵のネット動画アプリでレシピ動画をチェックするだけでなく、レイアウトフリーの特徴を活かし、移動する便利さも。

「普段はリビングで観ていますが料理をするときは、キッチンのそばにレイアウトフリーテレビを移動します。大画面でレシピを確認したり、ときには子ども向けの番組を流して、えいちゃんにテレビを観てもらうのですが、目の届く範囲に子どもがいるので安心感がありますね」

キッズフレンドリーなデザインがうれしい

デザインだけでなく、使い勝手にも配慮されています。台座には6個のキャスターを備え、スムーズに移動できます。さらにコンセントはマグネット式。万が一、足が引っかかった時にカチっと取れるので安全です。角が丸いので、子供が頭や身体をぶつけてもケガの心配も軽減されます。使わない時はコードを台座に収納できるなど、子育て世代にうれしいポイントがいっぱいです。

「ハイハイしたり室内でダンスしたり、子供が室内で思いっきり身体を動かしたい時は、部屋を広く使いたいです。そういう時、テレビを移動してスペースを作れるのはうれしいです。お友達が来た時は、テレビを壁際に寄せて片付けておけます。必要な時に必要な場所でテレビを使うってこんなに便利だったんですね!」

生活の変化に合うストレスフリーなテレビ

夫婦だけの時は、大人が注意して動けば良いので生活動線など気にしていなかったという奈津子さん。しかし子供が生まれると生活が一変。子供が安全に過ごすために家電やインテリアの置き方を考えたと言います。

「レイアウトフリーテレビを使ってみて、テレビが固定されていることが、インテリアの自由度を下げていたのだと気がつきました。どこでもテレビを置けるので、その時その時の状況に合わせて楽しめるところがいいですね。子育て中って、子供と一緒にキッチン、ダイニング、寝室、リビングと、あちこち動くんです。全ての部屋にテレビは必要ないですが、あると便利だなというシーンはあります。だからテレビを動かせるってとても便利。しかもオシャレなデザインだからどの部屋に置いても溶け込むのも素敵です」

ママのひとり時間の頼もしいパートナー

寝る前のひとときは、ドラマや映画を観る時間。女優として、表現力に磨きをかけます。

「寝る前のテレビ視聴はママの秘めたひとり時間なんです。『プライベート・ビエラ』はスマホやタブレットよりも大きな画面なので、ドラマの世界に没入できます。細かい表情もよくわかり勉強になります」

奈津子さんが寝室で使っている「プライベート・ビエラ」は、防水タイプでお風呂やキッチンでも使える15v型のポータブルテレビ。チューナー部とモニター部が分離していて、ワイヤレスで接続できるので、モニター部を好きな場所に移動して視聴できます。テレビ放送はもちろん、YouTubeやHulu、dTVなどの動画コンテンツも楽しめます。スタンド付きなのでキッチンで料理をしながら手順をチェックすることも。万が一汚れても、さっと洗えるのでいつでも清潔です。

レイアウトフリーテレビ
TH-43LF1

テレビ本体のモニターを同梱のチューナー部と無線接続することで、アンテナ端子の位置を気にせず設置できる可動式テレビ。4K放送はもちろん、ネット動画や録画機能など、1台でマルチに活躍してくれる。
https://panasonic.jp/viera/products/lf1.html

プライベート・ビエラ
UN-15LD11

重さ約1.5kgの軽量設計でお家の中で気軽に持ち運べるポータブルテレビ。防水仕様になっているため、キッチンなどの水回りやお風呂場でも気兼ねなく使用できる。
https://panasonic.jp/privateviera/products/15ld11.html

Text:伊森ちづる
Photo:下城英悟
Styling:前田奈美
Hair&Make:佐藤ありさ


author

家電・家電量販店ライター
伊森ちづる

家電流通業界向け雑誌記者を経て、フリーランスのライターへ。家電量販売員や幹部などへの取材のほか、家電メーカーへの開発者インタビューなども行う。実際に自分でも家電を使い、売り手とユーザー両方の視点から記事を執筆する。販売ツール監修、省庁・自治体に対して家電に関するレクチャー、WEBやTVなどで情報発信も行う。最近の関心はテクノロジー×ヘルスケア、テクノロジー×教育。クラシック音楽が好き。
Follow us!!
Copyright © Connect Beyond. All Rights Reserved.