menu
close
loading...
Special特集
close
Tags
share:
  1. top/
  2. Review/
  3. 第2位:小さくてもパワフル! BONECO「AIR SHOWER FAN F100」
Review

石井和美の家電やりすぎ比較レビュー<サーキュレーター>

第2位:小さくてもパワフル! BONECO「AIR SHOWER FAN F100」

author: 石井和美date: 2022/10/08

ここ数年はコロナ禍ということもあり、空気環境を整える家電に注目が集まっている。中でもサーキュレーターは空気を循環させ、部屋を効率よく換気できるため、使用する方が急増。特に今年は電気代が高騰しており、エアコンの冷暖房の効率を上げるために導入する方も多い。サーキュレーターを使うことで空気を循環させて室内の温度ムラをなくし、部屋全体を冷やせる。暖房運転の場合は設定温度を1℃下げることで約10%の省エネにつながると言われており、しっかりと部屋の空気が対流するタイプを選びたい。

そこで、今回は比較的コンパクトで置きやすい20~35畳前後用の製品をピックアップ。家電プロレビュアーの石井和美さんが、風の強さや使い勝手、お手入れのしやすさを含めて評価を行った。

・「風速」では、風速計を使用し、最弱と最大の風速を30cm離した場所で計測。

・「風の届きやすさ」では、1mごとに4本ろうそくを立てて、どこまで消えるかチェック(最大4m)。

・「操作性」では、風速計を使用し、最弱と最大の風速を30cm離した場所で計測。

・「音の大きさ」では、小型デジタル騒音計で最小と最大値を計測。数値が低い方を高評価とする。

・「お手入れ」では、ガードが外しやすさ、羽根のお手入れのしやすさをチェックする。

・「独自機能」では、ほかにはない便利な機能をチェック。実用性が高いものは高評価。

コンパクトなのに部屋の空気をしっかりかくはん

Brand BONECO
Item  BONECO AIR SHOWER FAN F100
price  1万1000円(消費税込)

spec
本体サイズ(約) 幅202 x 奥行207 x 高さ238mm
質量(約) :1.6kg
消費電力 :24W(50/60Hz)
適用畳数 :~20畳
首振り角度 :×
風量調節 :3段階
リモコン :×

「BONECO AIR SHOWER FAN F100」の特徴

コンパクトなサーキュレーター。強力で速い速度の空気の流れを作り出し、独自のフロントガードが空気の出力スピードを加速させるので、素早く部屋中の空気を循環できる。空気の循環を目的としているため余計な機能は一切なく、3段階の風量調節のみ。60年以上もの歴史を持つ、世界的に権威あるデザイン賞「reddot design award」を受賞しており、スタイリッシュなデザインも世界中から支持されている。

CHECK!「風速」

風量調節は3段階。最弱でも3.5m/sとパワフルだ。最大では5.5m/s。対流させることを目的にしており、十分強い。

CHECK!「風の届きやすさ」

風速「2」でも、3番目までろうそくがスパッと消えた。最大「3」では4番目のろうそくは消えなかったが、激しく揺らめいていた。

CHECK!「操作性」

多機能ではないので操作自体はシンプルだが、側面の下にあるので押しにくい。ボタンは電源・風量ボタンのみで迷わず操作できる。また、上下の角度を変えられない。

CHECK!「音の大きさ」

実測で51.6.~60.8dB。最小の風量「1」でも50dB以上あったのは同モデルのみとなるが、そのぶん風も他社と比較するとパワフルなので納得の結果だ。

CHECK!「お手入れ」

ネジで止めているのでドライバーが必要。後ろのカバーはとれない。前ガードを本体にはめるときの位置がわかりにくい。

CHECK!「独自機能」

真上を向けたいのなら、高さのある上位モデルF120がおすすめ。羽根を真上に向けることもできる。空気清浄機付きのモデル BONECO F220CC Clean&CoolFanもあり、状況に合わせて選べる。

直線的な鋭い風が遠くまで届く
部屋の空気をムラなく攪拌できるサーキュレーター

今回、試した中でろうそくが3本(3m)消えたのは同モデルだけ。扇風機とは異なるサーキュレーターらしいパワフルな風で、遠くまでしっかり風が届く。風の勢いなどではトップクラスの成績で、部屋の空気を循環する、という目的で使用するなら、ぜひ候補に入れていただきたいモデルだ。風量は最小の「1」でも、かなり遠くまで風が届く。サーキュレーターとしては不要な首振りなどの機能もなく、操作もシンプルだ。

今回は直置きタイプで比較したためF100で比較したが、羽根の向きを変えたい方はF120がおすすめだ。F100は角度が調整できないため、斜め上に少しだけ傾いた角度で固定されている。そのため、角度調整の自由度は低い。

お手入れでは、ドライバーが必要となる。留めているところは一カ所だけなのでそれほど大変ではないが、後ろガードが外せないのは少々不満。ガードが黒いので、長期間使用するとホコリなどが目立ちそうだ。もう少しお手入れがしやすいとうれしい。

部品に安っぽさがないので、安心して使える。小さくても隅々までしっかり作り込まれている印象だ。台座部分がなく、コンパクトで無駄がないデザインは魅力だ。部屋に置いておいてもインテリアの一部としてすんなりと部屋に馴染んだ。


author

家電プロレビュアー
石井和美

家電をレビューするため「家電ラボ」を開設、小物家電から冷蔵庫や洗濯機などの大型家電のテストも行っている。製品レビューや家電についての解説はWEB、雑誌、ラジオ、テレビなどで発信している。ライター、家電コメンテーター、家電コンサルタント。
contactcompany&staffadvertisingterm of useprivacy policy
Follow us!!
Copyright © Connect Beyond. All Rights Reserved.